COLOR THEME


BACKGROUND TEXTURE


十数年に一度の被害

2019-10-14

こんにちは

 

G-STYLE 新井です。

 

12日の夜に訪れた、大型の台風「ハギビス」

関東甲信越・東北 にかけて大きな被害をもたらしました。

昨日13日は、台風の後の晴れ間が見えていましたが

本日のお昼前から、雨が降っております。

復旧の手も掛かる前に、雨が降り続いております。

 

そして、今回は昨年の関西を直撃した「21号」に匹敵あるいは超える勢力だっったとの話も出ているようです。我社も、午前中に営業をしましたが午後は大事をとり、臨時休業としました。

 

私は、片道1時間ほどかけて通勤をしておりますが12日の帰る際は雨・風共に強烈でした。特に、道中に倒木も帰宅の際に見られ、危うく通行止めになる道がありました。

早めの帰宅をし、家族の安否などの確認が出来ホッとしました。

夜になるにつれ大きな音を立てて雨も風も帰宅時の倍くらいの勢力だったと思います。

風でものが飛ばされている音も聞こえました。

姉の、自宅は停電をしていたそうです。

 

そして、実家の両親が言うに江戸川もかなり水位が上昇していたそう。

12日は、なにが起きても大丈夫なよう気を張っており全く眠れませんでした。

 

近隣のアパートの後付け?で増設していたような屋根と壁が道に倒れ、電柱を傾けていました。

けがなどの、被害はなかったので良かったです。

 

 

上陸中のニュースでも、多くの川が氾濫や、決壊の危険性があるとの報道があり、48時間での雨量が

神奈川県 箱根町で1001ミリに達したそうです。

他の県でも、500ミリを超える雨量だったそうです。

わずか一日~二日で年間降水量の3~4割の雨が降ったみたいです。

 

観測史上 1位となる記録だったそうです。

 

千葉県では、15号の被害を受けた地域で未だ復旧が終わらない地域で、追い打ちをかける今回の台風となり、甚大な被害となりました。

 

死亡者も出ており、

福島県で13人、宮城県で8人、神奈川県で5人、栃木県・群馬県で4人、埼玉県・静岡県で2人、岩手県・長野県・茨城県・千葉県で1人。

行方不明者も、未だいるようです。

 

命を落とされた方々、ご冥福をお祈り申し上げます。

 

千葉県では、12日の晩に雨風の中地震も起きていました。

自分は地震があったとき、正直崩壊などをしてしまうのでは無いか?などいろいろな事を考えました。台風と地震同時に起こり津波などの災害も考えました。

ですが、地震については大きな被害はなく良かったです。

 

これから、各地での復旧作業などが進んで行きますが

自分も微力ながら、手伝って行こうと思います。

我社の近くの利根川も氾濫寸前まで水位が上がっているので

本日の雨で、被害が拡大しない事を祈ります。

 

皆様、天災はほんとにいつ何時起こるかわかりません。

できる限りの、準備をしておく事が本当に大事なんだと改めて思いました。

 

 

一秒でも早く復興し、元の生活に戻るよう頑張りましょう!!!

 

本日はこの辺で失礼致します。

G-STYLE 新井でした。

 

 

 

本日午後、臨時休業のお知らせ

2019-10-12

こんにちは、小林です。

弊社は誠に勝手では御座いますが、大型で猛烈な台風19号の接近の影響により

本日午後より臨時休業とさせて頂きます。

お客様、取引先様各位におかれましては、多大なご迷惑をお掛け致しますが、

何卒ご理解の上、ご了承戴きます様お願い申し上げます。

 

弊社のある、千葉県我孫子市も時間とともに風雨が強まってきています。

弊社前の道路も現在はほとんど交通量もない状態です。

ガソリンスタンドも休業や長蛇の列が出来ている店舗もあり、近隣のスーパー

なども午後から休業する店舗も多い状況です。

既に千葉県内では、竜巻と思われる強風の発生でけが人が出ていたり、停電の

発生や避難勧告が出ている場所も有るようです。

皆様におかれましては、ニュース報道などを注視頂き、不要不急の外出を控え

ご自身やご家族の安全を最大限確保頂きたいと思います。

どうしても自動車で外出する必要の有る方は、アンダーパスなど冠水の危険が

ある場所の通行を控え、安全には十二分にお気をつけ下さい。

皆さんのご無事を祈りつつ本日はこれにて失礼させて頂きます。

ギシギシ音がするW221のロアアーム交換

2019-10-11

みなさまこんにちは、G-STYLEの石川です。週末に向けて台風の影響から多くの

取引先から臨時休業のお知らせが来るなか、来店スケジュールの変更など警戒体制が

見られるなか皆様いかがお過ごしでしょうか?

台風が日本をまんべんなく通過するとあってか各地ではガソリンの給油や食料の

買いだめなど多くの消費行動が見受けられると思います。端的に言えば1日ぐらいで

台風は過ぎ去りますが、その後の流通不備を考えれば妥当な行動かと思います。

本日のお昼をスーパーに買いに行った際にパンや携行品などが売り切れていて

いつもこのくらい売上が伸びたらと思ったお店の人は少なくないと思います。

多分ガソリンスタンドもウハウハなのでしょうが、消費税増税後とは思えない

消費ぶりに国内の経済は一瞬でも活性化するのでしょうか。

嬉しい、楽しい三連休もぶっ潰す(うちは元々ないけど)台風、どうなることやら。

 

さて、本日は足回りからの異音を解消すべくロアアームの交換を行いました。

車両はベンツSクラスはW221です。入庫するなりギュギューといった感じの音がして

リフトアップしたら音は消える、少しだけ接地させてハンドルをきったらキュキュっと

未知の生物を思わせる音がします。見るからにブッシュが切れているロアアームが

目の前に飛び込んできましたが、とりあえず色々と検証しながら異音の原因を探ります。

 

耳を当て、振動を見ながらやはりロアアームが原因であることが判明したのでいざ

交換です。

見事にブッシュが切れています。社内でも話題にしているのすが、このゴム製品について

どうしても私は信用を置いておりません。こんなゴムが本当に役に立つのか?と思う

ような使用用途が多すぎてしまうわけです。エンジンマウントやマフラーのマウント、

こういった足回りやエンジン内のガスケットなど多岐にわたるゴム製品があります。

問題無いはずですが個人的にはやはり不安を感じます。

で、交換しまして異音も消えてスムーズなハンドリングを演出してくれました。

先日、TW号のステムベアリングにグリスアップをした際にも感じましたが足回りの

変更やグリスアップはすごくリフレッシュ感が出ます。せっかくなので、左右とも

交換しましょう!とはなりませんでしたが消耗品という認識ではまだまだ有りませんが、

足回りも10万キロも走れば相当なくたびれ方をしています。点検と同時に交換も視野に

入れていただければと思います。

以上、台風の中オートバイで走るのを密かに楽しみにしながらも生命の危機も感じること

それこそが生きている実感であるとバカなことを語る石川がお届けしました。

間取りに関する英語

2019-10-10

こんにちは、G-STYLEココアです

今週末は大型の台風が来るとニュースで流れて、

この間のよりかなり大きくなるので、皆様気をつけてください。

さて今日の英語教室は間取りに関する英語を紹介させて頂きます。

1.ベランダ

ベランダは英語で

「balcony(アパートやマンションなどのもの)」

「deck(家のデッキ)」

「porch(アメリカ英語)」などといいます。

「veranda」という単語も存在しますが、

日本語のべランダよりも意味が狭く、

主に1階の屋根から張り出した屋根下の空間をいいます。

2.玄関

玄関は英語で「entrance」「front door」などといいます。

3.部屋

どれもお馴染みの単語ですが、

リビングは英語で「living room」、

ダイニングは「dining room」、

寝室は「bedroom」、

お風呂(のある部屋)は「bathroom」です。

日本でいう2LDKはマンションなら「2 bedroom apartment」、

家なら「2 bedroom house」です。

4.廊下

廊下は英語で

「corridor」

「hallway」

「passage」などといいます。

ちなみに、「aisle(「アイル」と発音)」は通路という意味で、

飛行機やバスなどの座席の「通路側の席」は「aisle seat」といいます。

5.その他

天井 「ceiling」

書斎 「study」

車庫 「garage」

庭   「garden」「yard」

家に関するような生活に根付いている単語は、

イギリス英語、アメリカ英語で微妙に意味が異なることもしばしばあります。

面倒ではありますが、それもまた興味深いところです。

知らない単語はぜひこの機会に覚えておきましょう。

以上

G-STYLEココアでした

漆黒のX6

2019-10-09

こんにちは

G-STYLE 新井です。

10月に入り、過ごしやすい気温になり朝夜はすこし肌寒い時期になりました。
日中も風があるとかなり涼しくなりました。
気が付けば秋になりましたね!!

春や秋の、過ごしやすい時期ってあっという間に終わってしまいますよね。
春よりも私は、秋のほうが好きです。w

今週末、世の中は3連休が待っていますが
また、この連休に大型の台風が来るとニュースでやっていました。
発生した当初の動きは日本にかからない様な動きをしていたみたいですが
今の動向では、日本に上陸の恐れがあるとの事です。

関東はもちろん関西も範囲に入っているようです。

皆様、本当にお気を付け下さい!!

 

さて、本日はBMW 「最も黒い車」をご紹介

先月の、フランクフルトモーターショーにて

新型、X6のベンタブラックという塗装 のコンセプトモデルで世界初公開となったそうです。

BMWとサリー・ナノシステムズの共同作品で、外装にはベンタブラック VBx2ナノ構造コーティングが施されており、光を反射せず・立体物に見えない程黒い。というもの。

パッ見ても、周りが白っぽいのでまだわかりますが

夜、暗い中にライトを付けずに走っていたら気付かないかもしれませんね。w

光を反射しない・・・。

漆黒という言葉が似合いますよね。

 

これでライトだけが暗闇の中から出てくると

すごくインパクト大な車両です。

これ、フロントはライト類をもう少し増やして欲しいですね。w

グリルも、現行モデルのキドニー・グリルを採用。

シャッターはもちろん搭載しております。

ですが、あまりに見えなくなるからなのか・・・。

オプションで装備のできる照明付きのキドニーグリルがあるそうです。

こちらは、写真がなかったので

自分もどの様な照明なのかすごく気になります。

 

 

ベンツとBMW 結構車輌のデザインの方向性は違うのでとてもおもしろいですよね。

・・でも、ヘッドライトのアイライン(スモールライト)のラインは似てるかもしれません。w

ボディラインなどは、やはりベンツとBMWかなり違いますので

どちらも、新型をみるのはとても面白いです!!

 

今後もX1や、7シリーズが出てくるそうなので楽しみです。

 

3シリーズ・5シリーズはもうでておりますがイメージがガラリと変わっていて

すごく個人的にほしい車両です。ディーゼルのモデルもあるので

今の車を乗りつぶしたときには、安くなってるかなぁ。なんて期待をしています。

 

新車はまだまだ手は出せません。w

またまた。ご紹介になりました。

 

 

では、本日はこのへんで・・・

G-STYLE 新井でした

バックアップバッテリー

2019-10-08

こんにちは、小林です。

すかっり秋めいて涼しくなったのは良いのですが、今週末は

大型で猛烈な勢力の台風19号が関東地方にも上陸する可能性が

高いとの事で、アメリカの気象ニュースでも

”Massive Super Typhoon Hagibis currently strongest storm on Earth”

と報道されている様にかなり心配ですね。

13日(日)は横浜でラグビーワールドカップ 日本vsスコットランドが

開催予定ですが、こちらも中止の可能性が有るとのことで、そうなれば

引き分け扱いとなり日本は決勝トーナメント進出となりますが、天候の

都合とは言え試合が中止となるのは開催国としての資質が問われるかも

しれませんね。

 

さて先日私のメルセデスS212のメーターにこんな表示が…

バックアップバッテリー異常の警告ですね。

これが表示されると、ECOモード(アイドリングストップ)が

作動しなかったり、ディストロニックが作動しなくなったりします。

私のクルマも正にその症状で、仕方なくバックアップバッテリーを

交換しました。

S212のサブバッテリーはラゲッジルーム右後ろに搭載されていて

交換は至って簡単。

*S212のバックアップアップバッテリーはラゲッジルーム右側後方、

スペアタイヤの横に装着されています

 

交換後は無事機能も戻り、警告表示もされなくなりました。

今回はバックアップバッテリー交換だけで済みましたが、バックアップ

バッテリーの警告表示がでているのにも関わらず、アイドリングストップ

する場合など、バックアップバッテリーとは違う故障が考えられますので

診断機での診断が必要になります。

弊社では、診断機もバックアップバッテリーのストックもございますので

バックアップバッテリーの警告表示が出たら是非ご相談下さい。

それでは明日もご安全に!

 

 

予防整備という名前のカスタム

2019-10-07

みなさま、こんにちはG-STYLEの石川です。めっきり涼しさを増して秋っぽく

なってきた今日このごろ、皆様いかがお過ごしですか?

現在、私が保有するオートバイは2台ありまして、ご存知ドゥカティのSS900と

TW200でございます。やはり秋口は走行距離が伸びて仕方が有りません。

エンジンの調子もともに絶好調で、TWはステムベアリングにグリスアップ、

ハンドルをアップタイプに変更するなど、ただの足としてではなく、愛車の

一台として可愛がっています。ですが、お金は出来るだけかけないように

していることもあってか、壊れた場所や交換が必要なものは出来るだけ

手元にあるものを使っています。で、手元にあるものというのはSS900の

部品であったりします。

さて、SS900はというとついに色々と部品を揃えていって大掛かりな手術を

控えております。今回はスピードメーター、ウィンカー、テールレンズ、ミラー、

そしてシートです。かれこれ4回目のシート変更となります。で、問題はそれぞれに

問題を抱えているからの交換、という側面も持っており、ただの交換だけでは

面白みに欠けるのでカスタムも楽しむのが寛容かと思います。

 

そんなカスタムの作業を本日は少々おこないました。

はい、ミラーウィンカーのシーケンシャル化です。ところでシーケンシャルウィンカーって

最近流行っていますが、皆様はどのような印象をお持ちですか?私は大型トラックを思い出します。

さて、そんなこんなで作業をしていくのですが、社外品とあってかすんなり

とりつかない可能性があります。

ミラーカバーを外していざ、取り付けたら一部のプラスチックパーツ部に盛り上がり

が見られました。

純正ではスポっと入ったところがこちらのパーツでは盛り上がるのです。

と、いうことでお客さまと協議の結果、盛り上がっている部分を削ることになりました。

ですが、非常に危なっかしい場所で、カバーで見えない部分はまぁなんとかなりますが、

見える部分にキズでもつけようものなら目も当てられません。そこは細心の注意を

払い作業を進めます。にしてもその車種用のパーツでこういったことがあるので

製造国が気になるところですね。

で、無事取り付けを行い若干の微妙なクリアランスとなりましたがそのまま取り付けよりも

非常に良い形に収まりました。

 

こういったカスタムではよくあるトラブルですがそんなことを気にしていたらカスタム

なんて出来ませんのである程度の冒険心が必要になります。私のオートバイたちは冒険心と

蛮勇がおり混ざったヘンテコなカスタムに仕上がるでしょう。

以上、石川がお届けしました。完成したら次はステップだ!

中国の国慶節

2019-10-04

こんにちは、G-STYLEココアです。

今日も熱い一日でしたね

涼しい秋はいつになるかなぁ

 

中国の方は10月1日から7日まで連休になって、国慶節という祝日を祝っています。

中華人民共和国の国慶節は、十一、国慶節、国慶節ゴールデンウィークとも呼ばれています。

現在、最も注目される祝い方は天安門での掲揚式と閲兵式です。

天安門での掲揚式:国旗の掲揚式が毎日しますが、国慶節の掲揚式は格別に注目されます。

閲兵式:五周年・十周年ごとに、天安門広場の前で閲兵式が行われることになります。

閲兵エリアに観覧席が少数あります。招待された観客は観覧席に入って閲兵式を見ることができます。

 

中国は今年の10月1日に建国70周年を迎えました。

北京・天安門広場で開いた祝賀式典で習近平(シーチンピン)国家主席が演説し、共産党の指導による国家の発展を誇示した

。過去最大規模となる軍事パレードも行われ、大陸間弾道ミサイル(ICBM)や戦闘機など最新兵器が登場する。

式典を祝う礼砲の後、習氏は天安門楼上で演説。

社会主義建設の成果を強調し、70年の発展を誇示しました。

その後、整列した部隊を前に車上からパレードの開始を宣言しました。

軍事パレードには歩兵部隊15、装備部隊32、航空部隊12の計59部隊から約1万5千人が参加しました。

 

この頃、北京に旅行しに行く人も多くなりました。

親戚のおばさんも子供を連れて現場を観に行きました。

テレビで軍事パレードを観るだけでもう泣きそうに感動して、現場に行ったら涙がとまらなさそうですね。

以上

G-STYLEココアでした。

大排気量とハイブリッド

2019-10-03

こんにちは

G-STYLE 新井です。

 

まだまだ、残暑?なのか台風の影響なのか・・・、

日中の日差しを浴びるとまだ暑いなーと思う今日この頃。

朝と晩が少し肌寒いので体温調節が難しいです。w

この季節の変わり目に風邪を引くことが多いので皆様もお気をつけ下さい。

 

秋といえば食欲の秋!!!

美味しい食べ物が沢山出てきますからね!

鍋なんかもいい季節になりますし、モツ鍋なんかも食べたいですねー!

あーお腹空いて来ました。w

少し、体重が減って来たので太らないように制限しないとまた太るので気を付けます。

皆様も食べすぎには注意して下さいね!!w

 

 

さて、本日はここ数年車業界では「ハイブリット」という言葉が

多く飛び交っていました。今でこそ、街中でハイブリッドカーをよく見かけますよね。

タイトルにもあるように、昔は、大排気量と呼ばれる車両がイコールなのかはわかりませんが

「高級車」というイメージが多かったと思います。

今でもきっと変わっていないと思いますが、4,000ccを超える車輌は昔に比べると少なくなった様に

感じます。

 

自分は18歳で初めて車を買いましたが、トヨタのクラウンマジェスタ(15系)

3,000ccをあえて選びました・・・。

グレードにより、4,000ccと4,300cc が他にもありましたが

維持費を考えると無理でした。w

 

 

国産も輸入車も、もちろん4,000ccを超える車両は販売はされていますが

売れ行きは、減って来ているそうです。

トヨタのクラウンやレクサスも、2,500ccのハイブリッド という様に

高級セダンで大排気量。

イメージが変わった様な気もします。

 

M・ベンツの Sクラス/BMW 7シリーズ

どちらも変わらず、6,000ccのモデルは健在しておりますが

Sクラスにハイブリッドのモデルも出ています。

 

 

大きなボディで、高級感を残しつつ燃費の向上をしている。

排気ガスで、環境を汚染をしていた自動車ですが

しっかり、環境の事を考えている車社会になっている。と言うことですよね。

 

 

ただ、中にはハイブリッドシステムを搭載している車では

「運転をする楽しみが無い」と思う意見もあるそうです。

自分自身も、若かりし頃はガソリンを撒き散らしながら走る大排気量の高級車に憧れていました。

マフラーも変えて、こうなんでしょうか。走ってるって感じられるのはすごくいいものです。

ちなみに3,000ccのマジェスタもそこそこ燃費は悪かったです。w

でも、運転する楽しみは感じられたのかなと思います。

旅行などの、長距離運転などはすごく楽でしたしストレスは少なかったです。

バブル期の車だなぁなんて意見もありました。w

 

今は、2,000ccの車両に乗っていますが

正直、ストレスは無いです。w

これもエンジンの仕組みが大きく変わっている証拠なのだろうなと思います。

 

最終的に何が言いたいかというと、今の車は大排気量=高級車 ではなくなったんだなと

世の中の車は変わったのだろうと思います。

そして、乗り手側も車を維持するために燃費も税金もすごくシビアに考えているのだと感じます。

排気量が高いイメージが強かった輸入車も、ハイブリッドやディーゼルエンジンなどを多く、モデルに加えてきています。

今後、もっと技術が進歩すれば主要がハイブリッドやディーゼルに変わって行くかもしれませんね!!

 

次に乗る車はハイブリッドがいいなと自分は密かに思っております。w

 

今の車は大事に乗りたいと思います!

 

皆様も、変わる車を楽しんで下さいね!!

 

 

では、本日はこのへんで・・・

G-STYLE 新井でした。

 

 

 

国民性とブレーキ

2019-10-02

こんにちは小林です。

朝晩はすっかり秋めいて季節が進んだ感がありますが、相変わらず

日中は暑いですね。

昨日から10月に入り、消費税も8%から10%に上がり、ニュースでは

増税後の経済動向や新税率変更への対応などが報じられていましたが、

2%の増税ではありますが、消費者は消耗品の買い溜めや自家用車に

給油するなど、細かいところで出費を抑えて家計への負担を少しでも

減らそうとしている様子も報道されていましたね。

海外と比較するとまだ税率10%は高い方ではないと思いますが、今回は

軽減税率が適用されたり、キャッシュレス決済の際にポイントが還元

されるなど、しばらくは消費者や店舗など現場では少々混乱しそうですね。

海外では、同じドーナツでも購入個数で税率が変わるなど、判りにくい

税制度を導入している国もありますが、彼の地の人達はあまり気にすることは

ないようで、このことからも国民性の違いが現れていると思います。

*毎日新聞より

さて、本日はブレーキパッド及びブレーキローター交換のBMWがご入庫しました。

ブレーキも国民性の違いと言いますか思想の違いととでも言うのでしょうか?

日本車とドイツ車ではブレーキのフィーリングや摩耗の仕方も随分と異なります。

日本車は一言でいうと、ブレーキを掛けたときの制動力の立ち上がり方が穏やかな

反面、更に踏み込んで行ってもそれほど急激に制度力が立ち上がる様なことは無いと

思います。対してドイツ車のそれは、特にブレーキが温まった状態で踏み込んでいくと

俗に言う「真綿を締める」様に強力に効いてくる感じだと思います。

*摩耗したブレーキパッドとブレーキローター

 

*新品のパッド(左)と摩耗したパッド(右)

どちらが使いやすかは個人の好みによるかと思いますが、ブレーキの摩耗の仕方は

ドイツ車等輸入車はパッドもローターも同じ様に減って行くので、日本車と比較すると

ブレーキローターの交換頻度は高いように感じるかと思います。

私はオートバイにも乗りますが、オートバイのブレーキパッドはブランドやグレード

によって効き方が大きく異なり、それこそ用途によって使い分けられるくらいの

違いがあり、交換したあとの違いが楽しみでもあります。

いずれにしても、ブレーキは2トン近い車両を止めるための重要な部品ですので、

少なくても年に一度位は点検をして早めの交換が望ましいと思います。

それでは明日もご安全に!

次のページ>>

  • "この度は, G-STYLE, のHPにお越し頂きありがとうございます!!."

  • "宜しければ一度立ち寄って下さい."楽しい車談議に華を咲かせましょう -

  • "お見積もりは. 無料サービス.気兼ねなくお問い合わせ下さい" -

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。