COLOR THEME


BACKGROUND TEXTURE


一週間経ちましたが、新年あけましておめでとうございます!

2019-01-07

皆様あけましておめでとうございます。

昨年は大変お世話になりました、本年もよろしくお願い申し上げます。

 

さて、一年の計は元旦にあり、と良く言いますが、今年の元旦は友人のオートバイの

メインハーネスの引き直しとイグニッションコイルの交換、ハーネス加工など、正月っぽくない正月を過ごしていました。

普段の仕事と変わらないくらい汚れましたが、楽しい正月でした。

しかしながら、電装系をリフレッシュしたオートバイの点火の素晴らしさは何よりの馳走です。

ガソリンで動くとは言え、強い火花を散らし電気の効率も上がることでパワーが絞り出せている点などを見ると

電気の重要性に気付かされます。電圧が下がれば故障コードが出る自動車のように、電気というカテゴリーは自動車にとってとても重要な要素です。

 

さて、そんな電気にまつわる話ではありませんが、仕事始めの4日に点火不良の車両が入庫してきました。

プラグを見ると焼け具合が弱く、二次エアを吸っている模様です。確かに二次エアを吸っているような音も聞こえますし

インマニにパーツクリーナーを吹きかけたところ全体的に乾きが弱いと良くある症状でした。

こんな時もやはりマキシシスで診断をしてお客様に症状と診断結果を見せて説明していきます。

お客様はプラグだけ変えれば直るのでは?と考えていたようですが、残念ながらそれだけでは直る感じではなく、

失火する原因が二次エア等にある旨を伝えました。

そんなこんなで、作業は大掛かりになりそうとなり作業は行わないで車両の代替えとなりました。

 

電気系統の不具合に関しては何故その不具合が起きるのかを探る楽しみがあります。

ちなみに先述のオートバイはCB750K4でして、ハーネス引き直しも作業前は勝手にキルスイッチが動いてしまう、

ライトのオンオフが切り替えられない、灯火類が点かないといった具合で、ハーネスの断線やギボシが外れてしまっているなど、

とにかくひどい有様でした。コイルに関してはパワーを上げたいというオーナーの意向。

確かに交換後はパワーアップしたようです。オートバイは少ない容量の中でいかにパワーを絞り出すか、これは

重要な課題であると思います。吸気系や排気系、そして点火系などを旧車であればカスタムするのは常套手段です。

特に排気系は見た目はもちろん、性能、音などが変わり非常にテンションが上がります。吸気系も吸い込み音、性能など

劇的に変わりますのでとてもオートバイを走らせるのが楽しくなります。セッティングなども自動車に比べて手を突っ込みやすく

作業もしやすく分かりやすいです。とは言え、電気関係は部品を変えるだけであれば簡単ですが、点火時期などの調整など

目に見えない部分を制御するユニットがあり、そちらはやはりコンピューターを繋がなくては難しい場合もあります。

こちらのCBはユニットにダイヤルがついていて容易に調整ができそうですが、インジェクターの車両などは難しいと聞きます。

自動車の場合は更に輪をかけてコンピューターで制御をしているとあってか、電気工事は簡単ではありません。

やはりコンピューター診断は重要だなぁと実感しております。

 

目に見えて汚れている部分であればキレイにすればいいのですが、こちらをご覧下さい。

 

大掃除を去年忘れてきてしまったようなエンジンルームです…。こちらもせっかく入庫したのだから

キレイにしてあげたいと思うわけです。こういった汚れに関しては実害が出やすいと私は考えております。

エアクリーナーはもちろん、点火系やオイル汚れなどがよりひどくなる可能性があります。

どちらにしても汚いよりもキレイな方がなんとなくですが車両も喜ぶと思います。

エンジンルームは普段は見えないところですが大概のクルマはボンネットを開ければ見れます。

入庫車両の点検をする際はほとんどの自動車整備工場が開けると思いますが汚れている背景からも

故障や問題点などが浮き上がったりします。例えばこちらの車両はパワステの異常だったのですが、

こちらの車両は電動パワステで、モーターに不備がありそうで、モーターの前にはファンがついていて

こちらも不具合がありそう…。精密部品は完全密封かもしれませんが、砂や汚れ、オイルなどが

付着していれば不具合発生の原因になるかもしれません。例えば積雪地方の車両で防錆剤が塗られて

いなければ必然的に錆びてしまいますし、そういった車両が関東圏などに持ち込まれれば、サビなどを見て

なんとなく出自が見えてきて、そのサビが何故起きたのか?などを推測出来ると思います。

こういった故障探求も楽しいですよね。G-STYLEではこういった探求や診断を日々行っており知識、技術として

蓄積されております。そういったモノを自身のモノに出来るのはいい経験であると日々感じております。

なにか困ったことがあったら声をかけて下さい!

 

新年とあって少々長くなりましたが、今年もG-STYLEを宜しくお願いします!以上、石川がお届けしました。

 

 

2019年 始まりました!!

2019-01-05

あけましておめでとう御座います。

G-STYLE 新井です。

2019年も皆様どうぞ宜しくお願い致します。

Wild boar happy new year

年末年始は皆様ゆっくりと出来ましたでしょうか?
私は、大掃除をしたり、両親の実家に帰省をしたりと
あっという間にお休みは終わってしまいました。
毎年グダグダと過ごしていたのでなんだか充実したお休みだったのではと思います。

新年が始まり、一回目のブログですが
いつもと変わらず頑張って行きたいと思います。w

お休み中に、自分の車のナンバーとひらがな以外すべて一致。そして、メーカーも同じ。
はたまたボディカラーも同じ。w こんな偶然滅多にないなーと思い写真を取りましたが
個人情報の為お見せできませんが・・・なんとも驚きでした。

年末のイベントといえば、「年末ジャンボ宝くじ」20枚だけ買って見ましたが
見事に外れでした。。。まだまだ、億万長者になる資格はないようです。w
買い続ければいつかは当たりますかね?

昨日、1月4日から営業しておりますが年末年始で車の不調が起き入庫のご依頼のお電話が
とても多かったです。バッテリーが上がったり、パンクをしたり、エンジンが掛からなくなって
しまった等様々です。整備に携わるようになってからすごく思うのは長期のお休み中に
車両のトラブルがとても多いです。決してメンテナンスをしていないわけではないお客様も
休み明けに問題が出てきたり・・・やはり普段の移動距離より多く車両に乗ることによって
車両がトラブルを起こすのかもしれません。

 

お休み中、高速道路を利用することも多く路肩では事故だったり故障だったりで止まって
いる車両を沢山見掛けました。自分の車両も何だか少しおかしいなと思うこともあったりと
お休みはなんだか不安になります。w

小さな故障も放っておけば大きな故障につながる事もありますので
皆様、日々乗られるお車を気にかけてあげて下さいね!!
・・・年越しまでにずっと出来てなかった洗車もなんとか出来ました!w

2019年も、G-STYLE は変わらず頑張って行きますので
皆様、今年もどうぞ宜しくお願い致します!!
本年は、業務はもちろんたるんだお腹を元に戻せるよう頑張ります。

では、本日はこのへんで・・・
G-STYLE 新井でした

今年もよろしくお願い致します

2019-01-04

新年、明けましておめでとうございます。

旧年中はひとかたならぬご厚情を頂き、誠にありがとうございました。

社員一同、本年も更なるサービスの向上に努めて参る所存ですので、

より一層のご支援、お引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

 

さて今朝は天気も良く、放射冷却のせいか気温が下がり、弊社のある

我孫子市の今朝の気温は氷点下を記録しました。

これだけ外気温が低くなると、屋外に駐車しているクルマのフロントガラスは

凍結する可能性が大きいですね。

出勤前の急いでいる場合など、早く視界をクリアにしたいという思いから

凍ったフロントガラスにお湯でもかけて、早く溶かしてしまいたいと

思いますが、これは厳禁です。

ガラスは急激な温度変化に弱い為、目に見えない小さな傷などから

一気に亀裂が広がる可能性があります。たとえ亀裂が入らなくても

寒さで再凍結する場合もあります。

屋根付きの車庫などに保管できれば良いのですが、それが出来ない場合も

あるかと思います。

手軽に凍結を防ぐ方法としては、フロントガラスにカバーを掛けてしまう方法が

あります。毛布をかけたり、カー用品店では専用の商品が安価で販売されているので

これらを使えば凍結を防ぐことができます。

凍ってしまった場合は、氷解スプレーを使用するのが最も手軽かと思います。

カー用品店やドラッグストアーなどで¥200前後で販売しているので、見たことの

ある方も多いかと思います。

これらの道具がない場合は、ぬるま湯などをかけた後、ワイパーを使用して

水を切る、若しくはエアコンをデフロスターモードにして少しずつガラスを温め氷を

溶かしていく方法があります。

急いでいるからと、フロントガラスが凍ったままクルマをスタートさせたり、

熱いお湯をかけるのは厳禁です。また、硬いスクレイパーのようなもので

フロントガラスについた氷をこそぎ落とすこともガラスに傷をつけてしまう可能性が

あるので、やめた方が良いですね。

フロントガラスが凍るくらい寒い日は、路面も凍結している場合があるので、

時間には余裕を持って、安全運転を心がけたいですね。

それでは、今年も安全運転で!

小林でした。

本年も有難うございました

2018-12-28

こんにちは、小林です。

今年も一年、格別のご愛顧を賜りまして、厚く御礼申し上げます。

本日をもちまして、本年の営業は全て終了とさせて頂きました。

明日から1月3日まで休業、年始は1月4日(金)9:00より通常営業となります。

お休みの期間中は何かとご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承頂けますよう

お願い申し上げます。

来年も皆様により一層のご満足を頂けるよう、従業員一同努力して参る所存ですので、

より一層のご支援、変わらぬご愛顧のほど、心よりお願い申し上げます。

それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。

G-STYLE  冬季休業期間

12月29日 休業

12月30日 休業

12月31日 休業

平成31年 1月1日 休業

1月2日 休業

1月3日 休業

1月4日 9:00より通常営業

大掃除をする際に起きる古い雑誌を見つけたときの時間経過について

2018-12-27

皆さん、こんにちはG-STYLE石川です。私が書くであろう今年最後のブログになります。

まずは、本年一年間誠にありがとうございました。来年もよろしくおねがいします。

企業であれ、個人であれ年末と言えば大掃除、と言っても過言ではないくらい

大掃除は一年最後のイベントの一つと言えます。そんな大掃除の最中に古い雑誌やアルバム等を

見つけてはついつい見てしまう現象があります。

誰しも経験があるのでは?と思いますが皆さんはいかがですか?私は基本的に家にはモノを置かない、

本も出来るだけデジタルで処理するようにしているので大掃除中にそういった現象には陥らないのですが、

子供の頃は良く親に怒られていました。かくいう親もアルバムを見ては物思いにふけっていたことを思い出しました。

ときにそんな思い出を写真や雑誌というものは抜き出してくれます。何故その雑誌をピンポイントで残しておいたのか、

その写真を撮った場所、時間、一緒に居た人など情景をフラシュバックしてくれます。

最近はスマートフォンに保存出来るので写真を現像するという行為は少ないかもしれませんが、昔は当たり前に写真を撮っては現像していたと思います。

久しく現像という行為に及んでいないですが昔に比べて写真屋さんの数も減ったのではないかなと思ってしまいます。

 

話は少し飛びますが、先週ですが売却予定の実家に帰って荷物を取りに行きました。

久しぶりでもないですが、荷物の中には写真も少々あり、流石に物思いにふけっていたところ幼馴染の父親が声をかけて来ました。

子供の頃は一緒に遊んだ幼馴染も今では子供もいて、それがまた成長していて、親父さんも老け込んでいて…時間経過に戦慄を覚えました。

私の時間は一体いつから止まったのか?などと思ってしまいました。成長しているのか、それとも停滞しているのか、

前のめりで後退しているのか…自分のことだからこそ、自覚することが難しいですが、仕事面に関してはある程度は実績や

成果は残せているのかと、思っています。自信とは自分を信じると書きます、やはりある程度は自分を信じてあげないと可愛そうですからね。

ですが、基本的に自分を疑え、というものが私の中にはあります。自分の行動が本当に正しいのか?と考えながら

行動することがあります。自信とは違いますが、盲目的に自分が正しいと勘違いしてしまうことは良くないことです。

折れる部分と曲がる部分、折れない部分と曲げてはいけない部分をしっかりと持っていることが大切かなと思います。

 

年末なので思想的な話を少し書きたくなって文字が進んでおりますが、ときが経つのは早いもので、私が入社してから半年が経ちました。

整備作業+マニアックな作業を行うことが増えて毎日楽しんで働いています。

皆さんは楽しんでいますか?自分が楽しくなくてはお客様も楽しんでいただくことも難しくなってしまいますのでやはり楽しむことが

重要です。社会人一年目の頃ですがどうやったら楽しくなるか、と仕事について考えていきその考え方が現在にも色濃く

残っています。今でこそないですが、若い人に教育をしていたときはどうやったらこいつらが楽しくなるか、と毎日考えていました。

やはりそのためには自分自身が楽しまなくてはいけない、という結論にやはり至るわけです。

自分が楽しそうにしてなければそれは部下にも伝わりますし、自分自身のモチベーションも下がります。

そうやって一人ひとりが楽しそうにしていれば就業することに対する我が国の考え方も変わるのではと思います。

働くこと=楽しくないこと、我慢をしてやること、みたいな風潮がやはり色々な仕事の妨げになっているのではないでしょうか?

とはいえ、問題もありまして楽しくすることを強要することは良くないなと思います。よくある活力朝礼をしている会社などに

ありがちな気がします。活力朝礼自体は良いと思うのですが、その活力を出すことに集中しすぎて本来の楽しむという

行為にブレーキをかけてしまうこともままあります。何ごとも気持ち一つで変わるものですからどちらかと言えば

やはり楽しんでおいた方が得かなということです。

例えば、冬の寒い日に布団から出たくない、トイレまで行くのすら億劫になる癖にリゾートに行くという行為は距離が関係ない、

ということです。この現象を私はコタツ現象と呼んでいます。コタツは人を駄目にする機械の筆頭です。

コタツに一旦入ると出たくなくなる、でも出かけなきゃ、みたいな心境ですね。ちなみに本日弊社のAクラス(先日HLSC(ヘッドランプスチームコート)を行った車両)

に乗ったのですが、シートヒーターがあり、非常に温かかったです。冬場は特に温かいというだけで幸せになります。

私のオートバイもグリップヒーターを導入し、快適なオートバイライフを過ごしています。温かいは偉大です。

 

さてさて、話を戻しますが、良いことも悪いことも基本的には自分に原因がある、その結果が現在である

という昔の人が言ってそうな言葉ですが、やはりこの精神性は大切かと思います。仕事にしてもプライベート、なんでもそうですが、

何事も自分が関係して起こっていることです。だからこそ、楽しんで生きたほうがやっぱりいいですよね。

と、久しぶりに長文になりましたが、要約すると、今年も楽しい一年間だったということです。

来年も皆様が幸多い一年を過ごせればと願って締めくくりたいと思います。以上、G-STYLE石川でした。

 

異音から・・・E46 3シリーズ オルタネータ交換 

2018-12-26

こんにちは

G-STYLE 新井です。
クリスマスもあっという間に過ぎてしまい次は年越しに向けて色々と
準備をしているのではないでしょうか?
師走のこの時期は、仕事もプライベートも色々と大変ですよね。

皆様クリスマスは楽しめましたでしょうか?
私は、とにかくチキンをたくさん食べましたw
そのせいで胃がもたれてしまいましたが、クリスマスなので良しとしましょう。

 

さて、本日はBMW E46 のオルタネータの交換
入庫の際に、何かが擦れるような高い音がする・・・
という内容でご入庫しました。
点検を行うも、回転数と一緒に音が変わることもなく
音が鳴らなくなるときもある。ベルトを外して回転物を確認すると
音が無くなりました。
もう一度ベルトを付けて付属部品を個々に確認すると、
「オルタネータ」からの異音・・・。
内部でブラシが痩せてしまっているのか。
すごく聞いていて不愉快な音でした。

そうと分かれば交換です。
同じオルタネーターでもアンペア数の違いがあるので
装着されている部品に記載されているアンペア数を確認。

ここで間違えると大変です。

いざ、交換。
オルタネータを隠している部品たちを取り外しオルタネータを止めているボルトを
取り外して・・・
最初に書き忘れていましたが、バッテリーは必ず外します。
自然放電を終えているので、外していくと
取れました。

随分と黒いすすとオイルがかかったような形跡も見受けられました。
寿命もありますが、オイルの付着も大いに考えられますね。

ちょうど、ヘッドカバーの下辺りに位置するので
漏れが以前にあり、かかっていたのかもしれません。

よく頑張ってくれていました。

組み付け後、動作のチェックをし異音も無事に解消されました。
オルタネータが壊れてエンジンも掛からない等の状態になる前に
異音で事前に修理が出来てよかったです。

年内に間に合って良かったです!!
では、今年の私のブログは本日で最後となります。
次回は年明けです!!

年明けは1/4~営業です!!
ブログを見て下さっている皆様どうぞ来年もG-STYLE を宜しくお願い致します。
皆様、良いお年を~

G-STYLE 新井でした!

Aクラス磨き

2018-12-25

こんにちは、小林です。

強い寒波が近づいて来ているということで、週末は真冬の寒さとなるようですが、

お身体とお車の寒さへの備えはお済みでしょうか?

 

さて今日は昨日のブログにもありましたが、Mercedes Aクラスの磨き作業を行いました。

磨き作業は手間と体力が必要な作業で中々大変ですが、やり始めると色々と気になる部分を

発見し、つい手間と時間をかけて磨き込んでしまいたくなります。

 

まずはマスキングテープ等を使用して、モールやエンブレムなどを養生していきます。

これで思う存分に磨けます。

数種類あるコンパウンドやバフを使い分け、数工程に分けて作業を進めていきます。

磨き込んでいくと・・・。

塗装面の歪みがなくなり平滑になったことで、天井の蛍光灯も歪み無く、ボディーに

映り込みます。

しっとりとした滑らかな塗装面がお判り頂けるでしょうか?

指でなぞると一切の引っ掛かりなく非常に滑らかになります。

今日の作業は磨き作業を完了させて終了。明日はコーティング剤を塗布して

全ての作業が完了となります。

一年の汚れがすっかり落ちて、気持ちが良いですね。

 

磨きとは関係ありませんが、この車両はグレーのペイントに、赤いレザーシート

なのですが、以前の職場でもう15年程前になりますが、Ferrari 412という車両で

グレーのペイントにボルドーの内装の車両が入庫していたことがあり、これが非常に

かっこ良く、以来個人的にこの組み合わせが最も好きになりました。

その後自身でFiatのとある車両を購入する際、グレーのペイントにボルドーの内装

(皮革ではありませんが)という仕様がカタログモデルにあり、早速オーダーを

したのですが、到着したのはグレーのペイントに青い内装の車両でした。

イタリアのこの手のトラブル、私は良く経験しました。

まあご愛嬌ですね。

それでは、明日もご安全に!

クリスマスイブというイベント

2018-12-24

本日はクリスマス・イブです…昨年よりも気楽に過ごせそうなG-STYLE石川が本日はブログをお届けします。

クリスマスが近づくとスーパーにチキンやピザが並びます。他にはコンビニでケーキが売られたり

まぁ色々と店先の陳列が変わります。クリスマス後に売れ残ったケーキやチキンが安くなっているのを

見ると、過剰仕入れについて考えてしまいます。売れると見込んで仕入れたものが売れないという悪循環を

色々なところで見ます。ピーターラビットは1日に食べる分しか食料を取らないという話を子供の頃聞いて

過剰仕入れには敏感になっています。

さて、今年もあと僅か、一週間で2018年が終わりますね、今年は色々とありました…。

大きなところとしてはG-STYLEに入ったこと、小さなところとしてはバイクを手放したり買ったりしました。

来年は一体どんな一年になるのかと期待が膨らませています。

大きな視点で見れば、天皇陛下の退位、それにより年号が変わります。また、消費税も増税されます。

まだまだ他にもイベント盛りだくさんですが皆さんも良い一年を過ごせればと思います。

 

年末に差し掛かることで作業も減らしてきまして、皆様にはご迷惑をおかけしてしまうかもしれませんが

来年も一つよろしくおねがいします。と、さも今日で終わりそうな勢いですが、まだまだ営業は続きます。

ちなみに本日の作業は天張り交換とオイル交換、コーティングといったよくある作業でした。

天張り交換はG-STYLE特有の作業とも言えます。お客様が来店し、生地を決めて車体から取り外して~と

一連の流れを一人で組めるようになってきたことで、自分はこの半年で少しは成長したかなと思います。

オイル交換もスムーズかつあまりオイルまみれになることもなく、まずまずの出来上がりでした。

コーティングは明日も差し掛かると思いますが、マスキングを丁寧に行うことが重要です。

DSC_0062

こちらは弊社のクルマですが、養生テープをしっかり行うことで傷をつかないようにします。

ついこの間ですがこのAクラスのヘッドライトを磨きました。かなりキレイになりましてコーティングを行い

気持ちよく来年を迎えられそうです。

 

全く話は変わりますが、昨年、洋梨が好きな彼女がクリスマスケーキに洋梨の入ったケーキを所望して来まして

色々探して日本橋近郊にあるホテルのケーキをこしらえてきました。非常に美味しかったのですがイマイチ味を

思い出せません…。今年はそんな気を使わない気楽なクリスマス・イブ!いやー楽だ…そんなG-STYLE石川がお届けしました。

ワイパーの動きがおかしい!!

2018-12-22

こんにちは

G-STYLE 新井です。
朝出勤途中に、道路の凍結のせい?かはわかりませんが
車がすごいことになっておりました。
道中にたんぼ道があるので雨の後の翌日の朝などは凍結の可能性があり
何の気なしにいつもどおり走るとスリップなどをお越しかねません!
自分も含め、一歩先の路面状態は気にして運転をしなければと
改めて思いました。

当事者のかたは、現場には居ませんでしたが怪我などがなければ幸いです。

さて、本日は
ベンツ W201 190E ワイパーの故障により入庫しておりました。


動作が遅いのと、雨の日にワイパーを動かしていると焦げ臭い・・・とのこと。
点検をしてみるとモーターの辺りから焦げた匂いとモーターの動きが遅い・・・。

単体点検をしても動きは同じ。
ワイパーモーターの故障でした。

と、ひとまず部品を・・・
探してみるとなんと在庫最後!!
ギリギリセーフで発注でした。w

交換作業は・・・
ワイパーユニット一帯を、ごっそり外さないととれなさそうだなーと思いましたが
よーく見ていくとモーターだけは先にアームから外して置かないと大変そう。だと思い
ナットは緩めておきました。
ガラス下のステー等を外して、モーターとステーを分離しステーを少しずらしてあげると
ひょいとモーターが外せました。

モーターは中で焼けているような状態でした。
モーター付近もサビが多く部品の寿命でもあったのかと思います。

シングルワイパーは、ダブルよりも可動範囲も広くモーターに負担は掛かりやすいです。

動きがおかしいなと感じたら交換を考えたほうが良さそうです。

個人的にはシングルの拭きあがりのほうが好きです。
ダブルですとどうしても重なる?線が上部に残るので
雨上がりの窓がより汚く見えているような気がします。w
※個人的感想です。

車両には、今でもモーターを使用している部品があります
やはり可動していれば異音の原因だったり、焦げ臭いなど感じられる症状もありますので
未だにモーターの動きを見ていると大変そうだなと思ってします。w

今の車は、モーターの故障などはすぐに発見しメーターで教えてくれるので
わかりやすいかもしれません。
メーターに出る前に早めの発見は他の部品に負担をかけずに済むので
異変を感じたら点検して下さいね!!

では、本日もメンテナンス関連のお話でした!
皆様、良い週末をお過ごし下さい!

G-STYLE 新井でした!

優れた整備性

2018-12-21

こんにちは、小林です。

今週ももう金曜日。弊社の今年の営業も残すところ一週間となりました。

出来る限り年内にご納車出来るよう、スタッフ全員で作業を進めております。

 

さて、車検整備と右リヤドアのみドアロックが出来ないということで、

ご入庫頂きました鮮やかなブルーのゴルフV。

点検してみると右リヤドアロックのアクチュエーター不良でした。

早速交換に取り掛かりますが、通常ドア内部の作業はドアの内張りを外して、

内部の部品にアクセスするのが一般的ですが、このゴルフの場合はドアパネル

(所謂外板)を外しての作業となります。

そういう風に作っているだけあって、ドアパネルを外すのは、外すボルトの

数は多いものの至って簡単。直ぐにドア内部が露わになります。

ご覧の通り。

リヤドアロックアクチュエーターはドア後部に取り付けられて

いますが、白いカバーが取り付けられておりまた、ドアガラスガイドが

干渉して少々外しづらいので、ガラスガイドを一部外し、

ドアロックアクチュエーターのカバーとインナーハンドルワイヤーを

外してドアロックアクチュエーターを取り外します。

外したドアロックアクチュエーターはこちら。

右が取り外したもの、左が新品。

あとは取り外しと逆の手順で組み付けて完了。

もちろん作動も問題なし。

 

ドアロックアクチュエーターを取り外す際に少々知恵の輪の

要領が必要な場面がありますが、総じて整備性のことも

よく配慮された設計だと思います。

第二次世界大戦中のドイツの戦闘機、フォッケウルフFW190が

前線での整備性を考慮し、油圧機構を極力排除し電動式にして、

ユニットごと簡単に交換出来るようにしてあり、更に電線の

カプラーは全て形状を異にし、経験の浅い整備士でも誤接続が

無いように配慮してあったと聞いたことがあります。

生産性やコスト、整備性など製品にするまで色々とハードルが

あると思いますが、それらをうまくバランスさせて製品に

反映させるのは素晴らしいことですね。

 

それでは明日からの3連休もご安全に!

<<前のページ                                                      次のページ>>

  • "この度は, G-STYLE, のHPにお越し頂きありがとうございます!!."

  • "宜しければ一度立ち寄って下さい."楽しい車談議に華を咲かせましょう -

  • "お見積もりは. 無料サービス.気兼ねなくお問い合わせ下さい" -

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。